最近の記事内容

    新しいビラが完成「民商で安心!商売ファイト!」

    大商連の新しいビラが完成しました。

    税金・記帳・調査のことは民商で安心!商売ファイト!

    HP「民商の宣伝物」からダウンロードできます。

    無題

     

     

     

    今日は3・13全国重税反対統一行動 !  大阪でも元気に取り組みました

     

     

    民商では、毎年3月13日に「3・13全国重税反対統一行動」といって、地域の労働者や年金者、女性など幅広い人たちと一緒に集会や税務署へのデモ、集団申告に取り組んでいます。1970年に第1回目が行われ、今年で46回目になります。

     

    戦後、日本では「申告納税制度=自分で税額を決めて申告する」が採用されましたが、実際は確定申告時に税務署が中小業者を「呼び出し」、事前調査をもとに推計した所得金額を「申告指導」として、当たり前のように押し付けていました。

     

    そんな税務署のやり方に抗議し、 「自分の税金は自分で決めて自主申告しよう」 「一人で行けば税務署のいいなり。みんなで申告しよう」と、大阪では、1964年に集団申告をスタートさせました。それが全国に広がり、中小業者だけでなく幅広い人たちと一緒に、時々の要求をアピールし、主権者としての権利を行使する場として発展させてきました。

    20150313144339983_0001

    今年は、お天気にも恵まれ

    「消費税反対 10%中止 延期じゃ許さん きっぱり中止♪」

    「戦争反対 憲法守れ 平和をこわす 安倍はいらない♪」

    「カジノはいらない 病院つぶすな 福祉と暮らしに予算をまわせ♪」

    「融資を削るな 商売守れ 大阪こわす 都構想反対♪」

    などと要求をアピール。

    最近ではドラムデモでアピールする民商も。

    IMG01430

    申告書提出後は、みんなホッとした様子でした。

    民商のなんでも相談フリーダイヤル(通話料無料) ケータイからもOK!

    確定申告お済みですか

    確定申告はお済ですか? 所得税は3月16日、消費税は3月31日が提出期限となっています。

    今年の消費税申告は5%・8%の税率を区分して計算しなければいけませんが、民商の「消費税計算シート」でスピードアップ。

    記帳「義務化」の対策も、民商の自主記帳で商売にあったやり方が身につきます。

    民商で安心・納得の申告をしませんか? お早めにご相談ください。

    ケータイからも 民商の商売・くらし「なんでも相談ダイヤル」 へ電話できます。

    0120-22-0000 (通話料無料・午前10時から)へ お気軽にお電話ください!

     

    安倍内閣で底なしの「政治とカネ」 中小業者は消費税増税で計算も納税も大変!

     

    安倍首相はじめ閣僚への違法献金が次々と明るみになり、安倍内閣の支持率が大きく下がっています。

    復興予算をつかった補助金交付企業や、公共事業の受注企業からの政治献金は、「税金の還流」です。

    いま確定申告の真っ最中ですが、多くの中小業者・国民が消費税8%増税できびしい状況に置かれています。

    まじめに努力して商売しても消費税とアベノミクスで利益が大幅減で大迷惑です!

    「知らなかった」ではとても納得できません!

     

     

    【消費税増税で昨年より納税額が急増している実態】

     

    ◆飲食店 Aさんの場合

    昨年 売上 1510万円  消費税額 28万9800円

    今年 売上 1660万円  消費税額 46万2300円(昨年の1.59倍)

    「食材などの値上げで値段を改訂しました。少し売上がのびましたが消費税の金額にビックリです・・」

     

    ◆建設業 Bさんの場合(初申告)

     売上 3100万円  消費税額 82万3800

    「開業3年目で消費税は初申告です。消費税を期日までに納付できるかすごく不安です」

     

    ◆飲食業 Cさんの場合

    昨年 売上 2190万円  消費税額 42万0500円

    今年 売上 2370万円  消費税額 65万0300円(昨年の1.54倍)

    「一部の商品を値上げして売上は増えましたが利益は大きく減少。納付したあとの資金繰りが大変・・。」

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    消費税増税で計算も複雑だし、申告・納付も大変です。

    民商は払う立場で親身に相談にのっています。

    納付が苦しい時は、「納税緩和制度」も活用し、一緒に税務署と交渉しましょう。

    消費税のことはなんでも民商へご相談ください。

     

    (国会質問でも本日3月10日、中小業者の消費税増税の実態が取り上げられる予定です)

    3.8さよなら原発 関西アクションに参加! 大商連はドラムデモもやりました!!

     

    DSCF1561 あの東日本大震災福島第1事故から4年を迎えます。事故は収束せず放射能による被害が広がっています。 何万人の方が暮らしを奪われ先の見えない苦しみに命を絶つ方さえ増えてきています。未だに事故の真相究明、被害者への補償、使用済み燃料の処分方法等も解明されていません。国も東電も責任を果たすどころか、国民には秘密裏に高濃度の汚染水を海に垂れ流していました。周辺の魚の異常が報道され、やっと商売を立て直そうと頑張ってきた漁業も農業も商売、そして住民の暮らしも、またもやつぶされようとしています。

     

    そんな中、昨日の日曜日は全国で「さよなら原発」のアクションが行われ、大阪では、「3・8さよなら原発 関西アクション」に、党派や主張を超え「原発反対、再稼働反対」を願う各団体や個人が続々と3500人が扇町公園に集まりました。

     

     

     

     

    CIMG2782 全体

     

    公園のテントブースでは各団体やグループが模擬店をだし、遊びに来ていた家族連れなどに、焼きそばやクッキーなどを販売しながら署名も訴えていました。「報道されない写真展」では、今なお仮設住宅の近くの空き地に処理ができない数千と並ぶ被ばくした瓦礫の入った袋の写真や被ばくによる牧場の馬の様子など現地の写真が展示され、語りべによる福島の現在の様子が伝えられました。集会ではゲストアピールで、中嶌哲演さん(原発反対福井県民会議)、うのさえこさん(福島被災者)、華蓮さん(台湾草の和平草根連盟事務局長)などが訴え、集会宣言を参加者全員で確認しました。集会後は、西梅田コースと天六コースに分かれ元気にパレードを行いました。

     

     

    DSCF1571 デモトリミング 民商・大商連は、パレードでドラムデモを行い「原発反対」「再稼働反対」「命を守れ」「子どもを守れ」「生業守れ」と怒りのドラムコールと「原発えらいこっちゃ」「放射能えらいこっちゃ」「民が亡ぶぞ」「原発やめればえじゃないか」のええじゃないかコールで街中に訴えました。デモ終了後には、パレード参加の他団体の方から「元気がでた」「ありがとう」「原発ゼロまで互いにガンバロウね」と握手も求められ原発ゼロをめざすたたかいを誓い合いました。

     

     

     

     

    大阪市を廃止する「都構想」に、衛星都市の住民は関係ある?

    大阪市を廃止して分割する「都構想」の是非が問われています。現在の時点では、大阪市内の有権者の住民投票に委ねられます(住民投票で可決されても「大阪都」にはなりませんが…)。

    これに関する法律(「大都市特別区設置法」)では、いったん大阪市が廃止され特別区ができれば、連接する衛星都市(豊中、守口、門真、大東、東大阪、八尾、松原、堺)が、市を分割せずに「特別区」になろうとすれば、なんと住民投票なしで、議会の議決だけで決まってします。いったんできてしまえば、病気のように隣接市に感染してしまうのです。仮に豊中市が「豊中区」になると、それに隣接する池田市、箕面市も同様に議会の議決だけで市を廃止して「池田区」「箕面区」になってしまいます。

    迷惑千万!「都構想」

    この問題、大阪市民だけの問題ではありません。

    融資・開業の相談は民商へ

    • 内装業のAさんは昨年独立開業、今年が初申告ということで来所されました。話しを聞くと、仕事が増えてきたこともあり、従業員2名を雇うことになり「車両や道具が必要になっている」とのこと。伝票や領収書など帳面の整理をしながら、必要な資金や今後の返済計画など「事業計画書」も作成。無事に公的融資の申し込みすることができました。

     

    • 飲食店のBさんはこれからお店をオープン予定。自分の預金で店舗の保証金や内装工事費用などを考えていましたが、準備の中で予定外の出費が次々に出てきて「融資を利用できないか」と来所されました。相談の中でもう一度、必要な設備や運転資金を整理しながら公的資金を申し込むことになりました。有名三ツ星レストランのオーナーとも懇意で「(負けない位の)それなりの料理はつくれる」と腕に自信あり。「いずれは従業員も入れたい」と夢の実現に一歩前進です。

     

    民商では低利・安心の公的資金を活用。借りる立場で相談しています。返済条件の変更の相談も。

    開業資金から、許認可・法人設立の手続きなどのサポートも充実です。

    ★無担保・無保証人の公的融資

    大阪府「小規模資金」1,250万円まで  返済7年以内 金利1.6%

    大阪府「経営安定資金」8,000万円まで 返済7年以内 金利は金融機関所定

    ※2/1~大阪府円安対策資金もスタート。

    ※詳細はお近くの民商にご相談下さい。

    消費税から申告の見直しも~税金の“なんでも相談”実施中!!

    家具の取りつけ業者のCさんは取引の規模が大きくなり、消費税の課税業者になりました。所得税は自分で計算して申告していましたが、「消費税となると実務が大変。税額も大きくなるので、簡易課税と本則課税の違いもつかんでしっかり申告したい」と思っていました。仕事仲間に相談したところ、「そういうことは民商で相談に乗ってくれるらしいで」とアドバイスされました。民商の「消費税計算シート」の説明もうけ、「これで納得できる申告ができそう」と入会しました。

    建設業者のAさん、今年の確定申告を税務署のタッチパネル方式の自動計算機で作成しましたが、家に帰って見直すと間違いが。控除の取り忘れを発見して、「他にも間違いがあるのでは?」と心配に。親に相談すると、民商をすすめられ相談にやってきました。相談のなかで期限内の訂正申告が可能ということで一安心。また、民商で経費なども見直して再提出の準備をすることになりました。

    ※今年の消費税申告は5%・8%の税率を区分して計算するので大変です。民商は便利な「消費税計算シート」を使ってスピードアップ。また、すでに申告した方も、計算間違いなどに要注意してください。期限内であれば訂正できます。民商で安心・納得の申告をしましょう。

     

     

     

    税金の申告で医療や介護の負担が大きく変わる場合があります

    先日、ご両親の介護のことで悩んでいる女性から相談がありました。
    
    

    「両親とは今、離れて暮らしています。この間、要介護3の認知症の母親を父親(79歳)が介護してきましたが、昨年、父が脳梗塞で入院してしまいました。やむを得ず母はショートステイに行くことになりました。ショートステイの利用料負担がとても大変です。両親の収入は年金だけですが、「課税」世帯になっているため保険料も高いです。今後の生活を考えると不安です」

     

    「お父さんは確定申告はどうされていましたか?」とお聞きすると、「していないです」とのことです。税務署が年金収入400万円以下の人は『申告不要』(公的年金等に係る確定申告不要制度)としているため、申告はしていなかったそうです。

     

    「あなたのお父さんの場合、お母さんが要介護3で認知症ということなので、市役所で認定を受ければ障害者控除が適用されて税金が安くなる可能性があります」とお伝えすると

    「でも障害者手帳がないです・・」とがっかりした声。

     

    「いいえ、障害者手帳はいりませんよ。市役所の窓口に介護保険の保険証などを持参して申し出たら認定してくれます。認定の条件は自治体で多少違いますが、65歳以上が対象で、要介護3以上を認定基準にしているところが多いです。それとお父さんの通院や入院での医療費もけっこうかかっているのではないですか?医療費控除も計算されたら、ひょっとしたら払った税金が還付されるかもしれませんし、市民税非課税になるかもしれません」「そういえば医療費も結構かかりました」

     

    「所得控除が増えて、もし市民税非課税になれば、介護保険料が下がったり市によっては保険料の減免制度が適用されたり、入院の食事代も下がります。大変かもしれませんが、いちど民商と一緒に税金の計算をしてみませんか」とお話しました。

     

    「分かりました。さっそく市役所で障害者認定の手続きをして民商の相談会に行ってみます」ということになりました。

     

    介護を必要としている人や介護に携わる人は増えているのに、安倍政権は介護保険の改悪を次々とすすめています。今年の8月には介護保険の利用料が1割から2割に値上げされます(単身の場合だと年金収入280万円以上が対象)。

    さらに、入院食事代の値上げ(2017年度から1日で300円値上げ、2019年度からは1日600円値上げ)や、後期高齢者医療で実施中の保険料軽減措置(75歳以上の8割が対象)をやめる・・などの改悪が狙われています。

    民商は医療や介護の改悪をやめさせる運動や市町村との話し合い、国への要望に取組んでいます。

     

    税金の見直しや社会保険料の軽減、窓口負担でお悩みの方は、民商にお気軽にご相談ください。

     

     

    確定申告は、期限内なら訂正できます!(所得税3月16日、消費税3月31日迄)

     

    ★申告を済ませたが、不安を感じている方はすぐに民商へ相談を!

     

     確定申告は、税金だけでなく国保料や保育料などくらしにも直結します。

    経費の漏れや計算間違い等は要注意です。もし間違いに気づいた時などは

    、期限内なら何回でも訂正ができます。

    例えば、2月16日に提出し、間違いに気づいて再度作成しなおして3月2日に

    再度申告した場合、3月2日の申告で今年の税の確定となります。

     所得税は3月16日、消費税は3月31日迄です。特に今年の消費税申告は

    ややこしく間違えやすくなっています。

    不安を感じている方はすぐに民商に相談を。

    CIMG2728

    昨日の税務署の開庁日に、税務署の相談会場前で宣伝を行っていましたら、会場から出てきた方が「民商に相談に行くわ」「○○市にも民商がありますか?」など声をかけてこられました。やはり申告は済ませたが「大丈夫かな」と少し不安に思っている方も少なくないようでした。

     

    ★まだ確定申告がお済でない方も、税務署に行く前に民商に相談を!

     

        民商には、「昨年から外注扱いになって申告が必要になったが、申告の仕方がわからない」「一昨年売り上げが1000万円を超えたが消費税申告ってどうすればいいのか」「記帳義務化ってどんな風に記帳したらいいのか」など、様々な相談が寄せられています。

    和泉のぼり

    民商なら、税金のしくみや納税者の権利もわかり、納得・安心の自主申告ができます。

     

     ★特別相談実施中!お気軽に民商へ★

     

     

     

民商おおさか
税金、記帳、融資、国保 相談は民商へ
Twitter @daishoren
各民商の行事
前月2015年 8月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
<今日>
今後の予定 (民商行事)
 民商の宣伝物  ( 3 )
 -- 版下・用紙  ( 16 )
( Total:27 )
 大阪商工新聞  ( 31 )
( Total:31 )
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
XOOPS Cube PROJECT
大阪商工団体連合会(無断転載を禁止します)