最近の記事内容

    消費税「下げたらええじゃないか!」「やめなはれ!」~御堂筋ドラムデモに200人超が参加

    消費税廃止大阪連絡会などの実行委員会が主催した御堂筋での「消費税増税やめなはれ!」ドラムデモに200人超が参加。「消費税下げろ」「5%に戻せ」のコール、河内音頭のリズムに合わせて「消費税やめたらええじゃないか~」「大企業には減税って何でやね~ん」など訴え、お祭り騒ぎになりました。

    店から飛び出し手を振る喫茶店の女性経営や飛び入りで練り歩いた高校生3人など、消費税8%反対の訴えが多くの市民に共感されました。参加者は「あたたかい反応で街の人に応援されているようだった」と感想を話しました。

    デモに先立つ集会では、西区民商の神囿満雄会長(鉄工)が「怒りを持ってきょうを迎えた。消費税は人間関係を壊し、商売をジリ貧にするまさに『営業破壊税』。消費税をつぶすまで皆さんとたたかっていきたい」と力を込めて訴えました。3人の子育て中の女性は「お金のことで子どもに悲しい思いをさせたくない。ママ友に増税反対を伝えていきたい」と語り、大学院生は高い学費や教科書代や就職活動に必要な交通費の負担の実態を語り「消費税は下げろ」と訴えました。

    DSC_4352 DSC_4036

     

     

     

     

    安倍首相に告知!消費税増税を強行すればやりまっせ~!

     

     

     4・1消費税増税やめなはれデモ!

      第4弾は 「ただちに下げなはれ!」

     ==================================

     ▼日 時  4月1日(火)午前11時集合 → デモ出発は11時30分

     ▼場 所  新町北公園 → 難波に向かって御堂筋を歩きます。

    ===================================

       

    安倍政権は4月からの消費税増税を強行しようとしていますが、安倍首相が増税の判断をした昨年10月から景気はどんどん失速しています。大企業の正社員の給料は少し上がるそうですが、大多数の労働者の給料は上がらず、8%の増税で実質「賃下げ」です。

     

    3.13重税反対統一行動に参加した、ある自動車部品の鉄工業者は「今年の申告で2.1%の復興税を納めたけど、ワシの年齢だと25年というのは死ぬまで払い続けるということやなぁ。せやけど大企業は前倒しで復興税廃止。アベノミクスで景気対策すると言ってるけど、4月以降の受注は去年の半分。増税でモノが売れなくなるからメーカーもこわくて発注しない。消費税増税は景気を冷やし倒産・廃業・失業を悪化させる。やっぱり中止しかない!!消費税下げろ!」と、消費税増税への怒りを「なんでやねんコール」にたくしていました。

     

    政府・自民党は増税だけではなく金持ち・大企業優遇の拡大もねらっています。法人税率のさらなる引き下げと、所得税の最高納税額に上限をもうけ、2億円で打ち止めすることなどが検討されています。大金持ちや大企業の税金はまけて、庶民には増税を押し付け、生活保護を削り、わずかな年金も削減・・。

    こんなデタラメな政治に、「ないところから金取るな!あるところからとりなはれ!」のドラムデモを企画しています。

    参加者大募集! 鳴り物も大歓迎!

    一緒に「消費税下げろ!」のコールとドラムでアピールしましょう!

    詳しくは大商連に連絡クダサイ♫

     

     

    記帳・申告の不安に応える!民商のエクセル会計が好評

    雨の日の朝、建設関連の業者の方々から民商の事務所に問い合わせがありました。民商の「なんでも相談会」に来所された外壁工事業者のTさんは、民商の建築業者の役員さんと商売の話をするなかで、共通する知り合いが会員とわかり話がさらに弾みました。その場では入会になりませんでしたが、次の日に来所されて民商のエクセル会計の説明も聞いて入会となりました。

    サイディング取付け業のYさんは昨年独立して、「初めての確定申告をどうしようか?」と悩んでいたところ、民商のビラを見て来所しました。確定申告で国保料が決まることや所得税・住民税の説明や自主計算をすすめる民商の話を聞いて納得の入会になりました。

    鳶職のOさんは、知り合いからもすすめられて民商に入会。民商のエクセル会計の説明を聞いてやる気満々なり、記帳学習会にも参加することになりました。

    *エクセル会計は中小業者向けに民商が開発した記帳ソフトです。

     

     

     

    まだ間に合います。所得税の申告・納付期限は17日です。

     

    無題

    無申告は危険

    「忙しいから」とか「申告しなくても大丈夫?」と思って申告しない、無申告は危険です。無申告の調査が急増しているからです。調査で税額が発生すれば、無申告加算税、延滞税がかかってきます。さらに罰則が科せられる場合もあります。そうならないためにも民商で期限内に相談しましょう。15日(土)16日(日)も相談OK、午前10時から受け付けています。

     

     

     

     

     

    またこんなんつくってみました! 替え歌「原発なくしましょう」

    原発なくしましょう (幸せなら手をたたこうの替え歌)

    (太字のところは、全員で歌います)

     

    原発再稼働―♪

    ノー! ノー!(コール)

    汚染水止まらない!

    ノー! ノー!(コール)

    とってーも危ない原子力♪

    それ みんなでなくさせよう!

     

     

    大飯原発再稼働―♪

    やめろ!(コール)

    敷地―に断層が!

    危ない!(コール)

    まともーに調査をしーなかった♪

    それ 関電許すな!

     

     

    大地―が(よご)された

    許せん!(コール)

    海―も(よご)された

    許せん!(コール)

    逃げ場―なんてーない放射能!

    それ 対策早くしろ!

     

     

    原発をなくしましょうー♪

    いいぞ!(コール)

    自然エネルギー増やさせよう!

    いいぞ!(コール)

    大事―な国産エネルギー!

    それ みんなで普及しよう!

    いいぞ!(コール)

     

     

    ぜひ、みなさんにもどんどん歌ってもらいたいです。

    さよなら原発 3.9関西行動-すべてのいのちと未来のために-

    東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故からもうすぐ3年を向かえ、

    「原発ゼロ」を求める声は大きくなり広がっています。

    事故が起こった3月11日をはさんで全国で集会やデモが予定されています。

    関西では「さよなら原発 3.9関西行動」が行われ、

    大商連も扇町公園から西梅田までのパレードに参加します。

    ドラムや鐘の音を鳴らせて「原発えらいこっちゃ!」と

    楽しくドラムデモで盛り上げます。

    原発ゼロ集会原発ゼロ集会★ ドラムとら

    分かる記帳で苦労が報われる申告をしたい

    先日、民商の「申告なんでも相談会」にフリーのスポーツインストラクターの男性が来所しました。

    学校でスポーツの講習をしたり、塾を開設して指導にあたっています。これまで自分で税務署に行って申告をしてきましたが、税務署から「記帳が義務化されたのできっちりして下さい」と念押しされ悩んでいました。

    青色申告の65万円控除もとって自分なりにわかったつもりでしたが、「国保はものすごく高いし事業税も払わんとあかんし、利益が少ないのに負担ばっかり。何か全然むくわれない。自分のやり方が間違っているんちゃうか・・」急に自信がなくなってきました。

    さっそく民商の相談会で節税や記帳の仕方を質問したところ、基本的なことや青色申告のメリットとデメリット、消費税や不公平税制の仕組みがわかり、「報われない理由はこれか!」と納得することができました。

    そして今年からスタッフを雇ったので源泉の相談も民商でできると分かり入会しました。

    さらに「従業員を雇ったら労働保険にも入らないといけないですよ。それも民商の事務組合で手続きできます」と渡りに船で、安心倍増。

    「税金も記帳も労働保険もひとりで頭を抱えていたけど相談できるところが見つかって本当に安心しました。経営にもっと力を入れられます!」と笑顔に。

     

    建設の職人さんにも記帳「義務化」が

    独立して内装業を始めて5年になるFさん(34才)、記帳と申告は妻と一緒に自分なりに頑張ってきました。ある日、税務署にいくと「記帳が『義務化』されました」との張り紙が…。「自分のような所得の低い白色申告にも関係するの?」「今までの記帳のやり方でいいの?」と不安になりました。増税前の駆け込み需要と職人不足などで仕事が忙しくなり、なかなか解決できずにいました。

    2月に入り、「もう放っておけない」と現場で職人仲間に相談すると「俺は民商に相談してるで」「俺も民商や」との声が。さっそく、民商へ相談に行きました。民商の記帳について説明をうけ、「いつでも相談できる場所があるのは安心」と入会しました。

     

     

     

    消費税が8%になる不安。ひとりで申告するよりも民商で

    大阪市内で飲食店を営むYさん(31歳)は、これまで一人で所得税、消費税を申告していました。情報が入るわけでもなく、ひとりで申告していた時には、計算間違いを指摘され、税務署から呼び出しのはがきが来て不安を感じていました。

    自分が店に入る前に食事を取る同じビルの居酒屋のマスターに「これから消費税が8%に上がるし、そんなときにまた税務署から呼び出されると思うとゆううつになる」と漏らしました。この居酒屋のマスターが民商会員で、「民商に入会したら、いろんな情報も入るし、税金のことも詳しく教えてもらえて勉強になる」と語りました。Yさんは、さっそく民商の事務所を訪れ、自分で申告書を作成、誤りがないかチェックもし、安心して申告することができました。

     

     

     

    仲間と一緒に自主計算。不況減免の申請で国保料も半分に

    これまで税理士に申告をお願いしていたKさん。昨年、大幅に収入が落ち込み、10回払いの国保料を12回に分納して払っていますが、それでも毎回4万円強を払い続けるのが大変な状況でした。

     

    悩んでいるKさんに友達が「民商で国保の相談もしているよ」とすすめ、すぐに相談して民商に入会しました。数日後、民商の仲間に教えてもらって頑張って1年間の自主計算を自分で完成させたところ、所得が3割以上も落ち込んでいることが分かりました。

     

    Kさんから実情を聞いた民商役員のMさんは、「大阪市の国保制度には減免制度があって、昨年と比べて所得が3割以上減少している場合は、減免申請をすると国保料の所得割が安くなるんですよ」と説明。そして「今度の日曜日に区役所が日曜開庁で空いているから、一緒に窓口に減免申請を出しに行きましょう」と呼びかけました。

     

    そして減免申請はその場で受理され、窓口の職員さんが正確な国保料を計算し、その結果、Kさんの国保料は半分以下に減額されることに。これまで資金繰りに苦労しながら払い続けてきた分は「払い過ぎた分」として、Kさんに還付されることになりました。

    Kさんは「国保にこんな制度があるって知らんかった。民商で教えてもらわんかったら払えずに滞納になって差押えされて大変な事になってたかもしれん・・」と減免できてホッとしています。

    国保料は確定申告で決まります。来年度から国保料が軽減される対象が広がっています。

     

    民商は税金と国保料をセットで考え、営業と生活を守る申告相談を進めています

     

    国保の減免申請や滞納のことも安心して相談できます!

     

     

     

民商おおさか
税金、記帳、融資、国保 相談は民商へ
Twitter @daishoren
商売に役立つ情報
 民商の宣伝物  ( 0 )
( Total:10 )
 大阪商工新聞  ( 14 )
( Total:14 )
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
XOOPS Cube PROJECT
大阪商工団体連合会(無断転載を禁止します)