最近の記事内容

    消費税5%から8%に!税額増えて実務も大変

    無題

    資金ぐりの相談は民商へ

    消費税8%、円安…アベノミクスで中小業者の商売は大変。

    国は増税を中止し、「アベノミクス不況」の責任と対策をとるべきです。

    民商は借りる立場で融資相談、開業・独立もサポート。

    ひとりで悩まず民商へ!

    201411

    飛び入り歓迎♪10・25淀川ドラムデモ

    10月25日(土)PM3:30 十三公園集合

    PM4:00 デモ出発

    ☆デモ割あり。デモの後は新大阪・西中島へ

    淀川ドラムデモ

    これを持ってデモにいこう!消費税プラスターが完成

    消費税増税で目立つプラスターがほしい!

    デモや宣伝で注目を集めるプラスターを作りました。

    「ええかげんにせぇ!! 消費税10%」、「怒る 大増税させん」「消費税増税やめなはれ」の3種類です。

     

    プラスター①

    プラスター②

    プラスター③

    PDFデータはURL「http://daishoren.org/modules/d3downloads/index.php?cid=4」から

    ダウンロードできます。ぜひ、たくさんの拡散を!

    9・6消費税増税ぜったい許さんドラムデモ!

    DSC_0849

    9・6消費税増税ぜったい許さんドラムデモやりました!

    参加50名くらいでしょうか。ちょうどいいサイズ感でした。主催は北区ネットワーク。北区の民主団体が毎月いろんなテーマで学習会して、その内容でデモに取り組んでて。たしか6月は原発反対、7月は解釈改憲反対、8月は暑いので1回休んでw そして9月は消費税増税反対!ってことで合流させてもらったってわけ。民主団体。TOKYO DEMOCRACY CREWに「オールドスクール」と表現していただき、なんか笑っちゃった。うん、それいい…かも。

    この日は、中崎町から南へ下り、神山町から西にむかって、曽根崎東から新御堂筋を北へ。中津駅ちかくの公園(名前忘れちゃった)でゴール。40分程度だったでしょうか。

    北区ネットワークとしても初めてのドラムデモだったようで、最初にリズムとコールの練習したときのおじいちゃんの無表情さに思わず苦笑してしまいました。オールドスクールなりに消費税導入前から脈々と運動を継続させつつ、3・11後の新しいデモに励まされ学ぼうと楽しくもがいている、そんな一場面ですね。それでも、うちらは盆踊り的なリズムで「えらいこっちゃで~消費税♪」「税率下げたらええじゃないか~♪」のコールなんで、みなさん自然とノッてましたね。ゴールした時は北区ネットワークの人(リーダーの人?)が「これからも続けていきましょう!」と興奮気味にシメてました。

    反省もあります。ドラムが貧弱だったかな。私自身久々だったからかリズムはずしまくってたし。助っ人でスネアの超上手い人が来てくれて何とか助かりました。もっとデモに参加して練習しなきゃですね。

    話は少しずれますが。8・30アベ?NO!デモでは、原発も憲法も秘密法も消費税も「安倍はいらない!」を共通にしてつながることができました。これって理想だと思いませんか?私たちも、消費税反対をもとめて運動していますが、それ以外は興味ナッシングなわけじゃなくて、むしろ根っこは同じだと思ってて。だから私たちなりに、消費税反対を軸にしながら「安倍はいらない」「戦争いらない」「原発いらない」ってコールしてますねん。シングルイシューを大切にしつつ(これが成功したから3・11後にデモが広がったわけで)、それぞれを関連付けて、連帯していければいいなぁ。

     

    さあ!次は10/26!京橋か千林を計画中。

    その前に9・28消費税増税反対デモもありますので、ぜひ連帯したいと思います。

    (A・I)

    みんなで消費税10%中止のアクションしよう!

    民商の最新チラシでは、①増税中止アクションがだれでもできること、②消費税に負けない対策 ~経営、記帳・決算、税務調査、納税・滞納~ を紹介しています。

    新しい宣伝カーテープの音源は画面右のカレンダー下 「宣伝カー音源」よりダウンロードできます。

    元気に商売続けましょう。ご相談は民商へ!

    201409版下201409版下2

     

    「集団的自衛権の行使容認ゆるせない」「戦争する国づくり黙って見てられない」業者婦人23人が―核兵器なくそう 女性のつどい INヒロシマ―に参加

     

    1945年8月6、9日の原爆投下から、今年で69年目の夏を迎えました。

    大商連婦人部協議会(大婦協)は毎夏、原水爆禁止世界大会の関連行事―核兵器なくそう女性のつどい―に代表を派遣しています。「女性のつどい」は、核兵器のない平和な世界を実現したいと願う女性が世界から集まる集会で、今年は、8月5日午後6時から広島県立総合体育館に海外代表23人を含む女性1000人が集まり、この間の取り組みや思いを交流しました。

    大婦協からはバスで23人の業者婦人が一泊二日の行程で参加。「これまで店番ばかりしてきたけど、集団的自衛権の行使容認が許せず何か行動したいと参加した」 消費税増税で商売が大変。苦しい思いをして払った税金を軍事費に使われていると思うと腹が立つ」 「橋下市長のように女性をモノ扱いする風潮が戦争する国づくりと一体に強まっていることを黙って見ていられない」などそれぞれの思いを持っての参加です。日ごろ、商売、家事、介護など多くを担う業者婦人が2日間家を空けるのは大変なことですが、2日分の家族の食事を準備したり、仕事の段取りをつけ、家族の協力も得て参加しました。商売の合間に折った千羽鶴を持参したり、カンパを募り旅費を捻出した参加者もいました。

     

    「女性のつどい」は、7歳の時広島で被爆したという女性の話から始まり、ニューヨークの市民運動家やロシアの核被害団体の代表、福島県の民商・婦人部の代表、沖縄の基地建設に反対する女性などが次々と発言。大婦協からは岸和田市から参加した青果店のYさんが「戦争をしたい人はいないと言いますが、それは嘘です。戦争したい人がいるから戦争は始まるのであり、戦争で金儲けをする人と、それに関わる政治家や権力者がいて、戦争をしたくない人が巻き込まれているのです。平和はただ祈っているだけでは、実現できません。一人ひとりが行動し、政治を動かしてこそ実現できます。みなさん共に頑張りましょう。」と発言しました。

    DSC_0083

    8月5、6日はあいにくの雨でしたが、平和記念公園や原爆資料館はもちろん、ホロコースト記念館(広島県・福山市)や大久野島(広島県・竹原市)―日中戦争で日本軍が使用するための毒ガスを秘密で製造していた島―にも行って、平和の尊さと命の重みを噛みしめて帰ってきました。

     

    ・・・・・・参加者の感想・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ●海外代表の発言や「青い空は」の全員合唱など平和に対する思いで一つになった集会で本当に感動しました

    ●私たち業者は平和な社会あっての生業です。「憲法守れ 営業と暮らしを守れ」の声を世論に訴えていきたいです

    ●化学兵器も核兵器もいりません 欲しいのは税金のかからない平和です

    ●「女性の運動が社会のあり方の反映です。ゴー!ガール!愛の力でともに平和ビジョンを広げよう!それが出来るのが女の力です」との米代表の発言は、涙がこぼれました。住む国、人種、年齢それぞれ違っても子を思い、家族を思い、平和を願う思い同じです。平和が危うい今日、世界の女性と手をつなぎ自分のできることから頑張ろうと思います

     

    異業種交流会で民商の魅力を実感!

     大青協は7月13日に第5回目となる異業種交流会「わっと大交流会」「つながりがほしい」「異業種の人との対話をつうじ、自分の商売を見直したい」との声からスタートした「わっと大交流会」。今回は23人の出展者から商売をアピールしてもらい、キャラクターケーキ、清掃業、シルバーアクセサリー、サンドブラスト、鋳物金型、OA機器リース、学習塾、製粉業、ガラス切子細工など、多くの業種が出展しました。滑り止めタイルのサンプルを持ち込んで施工前と施工後の効果を実感してもらったり(平野民商・タイル業)、豆腐製造機の実演(淀川民商)や野菜ソムリエ(門真民商)による試食、大工(寝屋川民商)と刺繍作家が共同で作製したステンドグラスの展示、鍼灸院(淀川民商)やエクササイズ(堺東民商)など体験型のブースも好評でした。また、動画や写真などで製造工程や店内を紹介する出展者も登場しました。出展者のアピールタイムでは、商売についての思いや強みなどを発言してもらい、初企画となった参加者の投票で決める「わっとデザイン出展」賞には、豆腐製造機と野菜ソムリエの方たちが受賞しました。また、東淀川民商と大正民商は青年部として出展し、青年部員の商売や青年部の取り組みを知らせるニュース・写真を貼り出してアピール。また「家族も気軽に参加できるように」と「子どもコーナー」を設け、大工によるカンナ削り体験、スポーツチャンバラなどで大いに盛り上がりました。参加者には「自己紹介カード」を記入してもらい「この人と名刺交換したい」との声が途切れることなく寄せられました。引き続き大青協では、経営交流や楽しい企画を予定しています。

     

    DSC_2497

    保険証は届いていますか? 高すぎる国保料が払えず、「無保険」状態が広がっています

    ●大阪市内で建築業を営むAさんは、過年度分の国保料が滞納になっており、数万円づつ毎月支払ってきましたが、今年度になり区役所から「納付書は渡せない」と言われ、保険証も交付されず無保険状態に。その結果、児童手当の申請ができなくなり困って民商に相談に来ました。

    早速、民商と一緒に保険証の交付と分割納付の相談に区役所へ。経営の状況や今後の見通しなども示し窓口で相談。すると担当者から「生活財産申出書」への記入するよう言われたため、「記入は強制なのか、何のために使うのか」と確認したところ、窓口担当者も「強制ではない、執行停止のために利用する」と回答。保険証の交付とは別問題であることを確認し、保険証を受け取ることができました。

     

    ●同じく大阪市内で建設業を営むBさんは、家族10名うち子供8名の大家族ですが、子供も含めて無保険状態になっていました。自分でも区役所に相談に行きましたが、担当者から「今どうしても保険証が必要な子供の人数を教えてくれ、あとは郵送する」と言われ、その時は緊急に必要な子供の分だけを受取りました。

    しかし、その後も保険証が届くことはなく民商に相談。区役所に確認すると留め置かれたままになっていることが発覚。子供のいのちにかかわる問題であり至急郵送するよう抗議。郵送を約束させました。

     

    ★5月30日現在で、大阪市では345世帯の18歳以下の子どもたちが無保険状態になっています。7月10日の大阪市交渉では、「子供の権利条約にかかわる問題、早く全員に届けきる対策を」と要望。大阪市の担当者も「引き続き一層努力します」と答えました。大阪市国保交渉の内容については→http://www.daishoren.jpn.org/

    国保財政は黒字なのに国保料値上げは納得できない!・・大阪市交渉に51名参加

    7月10日に大阪市の国保交渉を行い、台風接近で悪天候の中51名が参加しました。大阪市はこの4年間、黒字が続いています。それなのに黒字は全て累積赤字の穴埋めにつかい、市民には2%の値上げを去年に続き強行しました。銀行などの残高を調べる財産調査は94万9885件、差押え件数は1880件と、共に過去最高の件数になっています。

    2%の国保料値上げは安易すぎる!

    はじめに大阪市が2年連続で国保料を値上げしたことへの質問から交渉が始まりました。

    参加者が「国保料の値上げの理由として、所得200万円の4人世帯の保険料が府下平均の保険料と比較して安いからとしているが、高齢者やほかの世帯ではどうなのか調査したのですか?」「これまでも保険料の比較をして大阪市のほうが高いときは安くしていたのですか?」「値上げするための理屈では?」などの疑問がだされました。

    大阪市は、「橋下市長が就任して市政改革プランを策定するときに、厚労省がよく使う所得200万円4人世帯のモデルをつかって、府下保険料との比較を行いました。大阪市として独自に、違う年代での保険料比較は行っていません。市政改革プランより前は、府下保険料の平均で比較することはしていませんでした」と回答しました。

    1つの世帯モデルだけで判断するなど、あまりに安易な値上げであったことが明らかになりました。

    「生活財産状況申出書」は法的根拠がなく、書かなくてもいいもの

    大阪市は、保険料が払いきれず窓口に行って分割納付している人などに、「生活財産申出書」を渡しています。この申出書は、収入額や預貯金、借入などの項目や、取引銀行名、食費、家賃、住宅ローンなどなどの支出項目を書くようになっているものです。

    これについて、楠弁護士(京橋共同法律事務所)が配布目的や法的根拠などについて質問しました。大阪市は「法的根拠はありません。強制ではなく納付交渉の時に言った・言わないを避けるためのメモみたいなものです」と回答しました。

    しかし実際は窓口で徴収強化に使われていると参加者から発言がありました。

    「最近、相談にきた人のことですが、国保料を納付しに窓口に行ったら、この申出書を書くように言われ、さらに勤務先を書けとか、財形貯蓄しているかもしれないから給与明細も見せろとか、そんなことまでいわれたと困っていました。別の女性は、非正規労働者で120万円の所得だったそうですが、国保料が全額払えず相談に行ったら申出書の記入と同時に勤務先をかいてくれと言われていました。この女性は全額じゃないけど頑張って払っている。会社に問い合わせされたら働き続けられるか心配で本当に困ると話していました。この申出書には責任者の名前も書かれていませんね。そんなメモみたいなものに個人の全財産を書けというのですか?」と具体的に指摘しました。

    大阪市は「申出書を書くのは強制ではなく書かなくてもいいです」と回答しましたが、本庁から各区役所には「申出書」を活用するよう指示文書が出されています。

     

    子どもの無保険をただちになくすよう、強く要請

    5月30日現在で、大阪市では345世帯の18歳以下の子どもたちが無保険状態になっています。

    参加者は「子どもの権利条約にかかわる問題。区役所の職員も訪問したり努力されているが、それだけでは限界。早く全員に届けきるよう、大阪市として次の対策を打つべきだ」と強く要請しました。

    大阪市の担当者は「引き続き一層努力します」と答えました。

     

    国保の相談は民商へ!

    ●国保料が払えない、差押えで困っているかたが増えています。民商は日常的に相談に応じています。

    ●これから全区役所で国保交渉が行われます。高すぎる国保料の引き下げ、社会保障である国保制度の改善を求めて、ご一緒に運動を進めていきましょう。

     

     

     

     

民商おおさか
税金、記帳、融資、国保 相談は民商へ
Twitter @daishoren
商売に役立つ情報
各民商の行事
前月2014年 11月翌月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
<今日>
 民商の宣伝物  ( 3 )
 -- 版下・用紙  ( 11 )
( Total:19 )
 大阪商工新聞  ( 22 )
( Total:22 )
今後の予定 (民商行事)
ログイン

ユーザー名:


パスワード:





パスワード紛失
今日の予定 (piCal)
XOOPS Cube PROJECT
大阪商工団体連合会(無断転載を禁止します)